婦人

人気の職業であるセラピストの資格を取るならココ

同時に複数取れる場合

ビジネス

免除や自動取得がある

弁護士や公認会計士は国家資格といわれています。なるには法律に従った方法に寄らねばならず、試験に合格したり、研修を受けたりしてなることが出来ます。なると、他の人にはできない特定の業務などを行えるようになります。公認会計士はビジネス系の資格でも最高峰といわれますが、これを持っていると自動取得できるケースがあります。まず公認会計士に並ぶといわれる税理士になることが出来ます。税理士を持っていると行政書士にもなれるので、公認会計士を取れば税理士の仕事も行政書士の仕事も行えます。弁護士の場合もビジネス系の税理士になることが出来るので、行政書士なども自動取得になります。その他、他の試験受験時に一定科目を免除してもらえる特権などもあります。

取らないと仕事ができない

大学を卒業すると社会人になります。会社に就職することもあれば、人によっては自分で自営業をする人もいるかもしれません。就職して仕事をするにも自営業をするにも、基本的には特別な資格は必要ありません。ただし、持っていないとできない仕事もあります。ビジネス系として知られる弁護士や公認会計士は、誰でも勝手に名乗って行うことはできません。これらの仕事をしたい場合には、試験などに合格しないといけません。国家資格は日本でのみ有効になります。日本で弁護士であっても、海外で弁護士として仕事はできません。逆にアメリカの弁護士は、それだけでは日本では仕事ができません。仕事をするのであれば、ビジネスに応じた資格を取得しないといけません。